« 超高性能ギターか!? | トップページ | ポッドキャスティング、いってみよう! »

2006.03.26

ギターの保管・管理

ギターのオーナーにとって、一番気を使うのがギターを良いコンディションのまま末永く保管していく方法の事だと思います。
ギター本体は木で出来ています。実質、ギターは金属の弦を震わすことでその振動をピックアップという部分で電気信号に変えて出力してるわけなんですが、その振動を支えるギター本体の材質や木の種類や密度、内部構造によってもギターの音色が大きく変ります。
木で出来た本体、その上に着色、ラッカーで特殊コーティングしてあります。ラッカーは空気を通すようになってるらしく、木まで湿気を通過させます。
オレのメインのギターは1969年モデルのストラトキャスターで、2002年3月3日にアメリカのカリフォルニア州コロナで生まれました。現在、オレが所有してるということは生まれた所と気候(湿度・温度)が違います。
ギターは、まるで生き物なんです。アメリカの遺伝子を持ち、日本に輸入されたギターの気持ちというのは、まさに「蒸し暑い所だな」と思うでしょう?
湿気を吸うとギターは膨張し、乾くと収縮します。ギター本体とラッカーは材質が違うわけだから当然、膨張率や収縮率も違います。急激な温度の変化、湿度の変化はラッカー表面にひび割れ(クラック)を作ってしまうことになります。
日本では冬は乾燥し夏は湿気が多く、非常に住みにくい環境なので、冬は乾燥し過ぎないようにオレは加湿器で湿度が50%前後になるようにしてます。夏は、25度くらいにエアコンで調整しています。生産された数年間はその土地の気候に慣れるまで大変気を使いますが、それを過ぎればなんとか辛い時期はクリアということになると思います。
オレのギターはラッカーがまだ柔らかそうなので、あと2、3年は気が抜けません。
それが過ぎればやっと日本国籍のギターになれたという事かな?
良い「ビンテージギター」は古いのに凄くいい音が鳴ります、長期間ちゃんとした保管、管理してされてきて、良い具合に木が乾いた状態になったギターのみに与えられた称号のようなものです。ただ古いだけではありません。
オレは今もってるギターを将来凄いビンテージギターと呼ばせるために大切にしています。
買った当時より音が良くなってきてるのも事実で、ビンテージギターと呼ばれるものが良い音が鳴るというのがちょっと納得できます。
あと、やってしまいがちなのが、ギタースタンドに立てたまま長期間放置です。オレはやりませんが、ギタースタンドとぎたーが接触する部分がラッカーと化学反応起こし、見た目にすごくヤバくなります。(机の引き出しに消しゴムを入れてたら消しゴムが溶けて引き出しの底とくっついて、底もちょっと解けていた事、経験あるでしょう?それと同じかな!?)
と、かなり神経使ってるオレですが、しかし、ちょっと前にやっちゃいました。
ギターをスタンドごと倒したんです。音質は全く影響ないけど少し傷が残りました(オレの心にも)。guitar_orz
 

 ・・・・ Orz

 ブログランキング 
 ↑同情クリック求む
    ((´艸`o))

 

 

 

 

 

 

ヘッド(ネックの先)にタバコの焦げ後があるビンテージギターも存在することだし、と自分に言い聞かせるオレでした。
ヾ(;´▽`A``

今日は、アークエネミーのピルグリムという曲を弾きました。

Pilgrim / Arch Enemy

下のアルバム『BURNING BRIDGES』の3曲目『ピルグリム』という曲で、ライブ版『BURNING JAPAN Live1999』では5曲目に入ってます。
コピーしたのはライブ版の方です。理由は、現在オレのギターのチューニングは現在のアークエネミーと同じで2音下げてます。かなりの低音ですが、『BURNING BRIDGES』時代より古いヨハン時代はさらに半音下げて通常より2音半下げてます。しかし、ライブ版は2音下げの状態です。単にチューニング下げるのが面倒だったのです。
この曲は難易度は高くないのですが、ギターのメロディが理屈っぽくて好きです。
アークエネミー初代ボーカルの『ヨハン』が歌ってます。
 

 

最近、Niftyのブログ、サーバーが重いらしく、コメントの投稿にエラーが出る場合があるのでご了承ください。
m(_ _;)m

|

« 超高性能ギターか!? | トップページ | ポッドキャスティング、いってみよう! »

「楽器」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

>Alexi さん
BEAST って過激な形のギターじゃなかったっけ?
まさにデスメタルにマッチした形ですよねぇ~。
どんな弾き心地なのか一度弾いてみたいですよぉ~。
オレ初めて買ったギターは44マグナムのジミーモデルのフライングVでした^^
是非、凄腕のアレキシ・ライホ目指して練習の鬼と化してがんばってください!

投稿: @アンジェラ | 2006.03.29 00:59

そうですね、アレキシ・ライホです(^-^;)
始めたばかりで、まだ曲が弾ける以前の状態ですが・・・
因みにギターはB.C.RichのBeast750デス!!


投稿: Alexi | 2006.03.28 22:03

>こうちゃんさん
57年製ですかぁ、いいですねぇ。もう木も十分乾いてて、かなりいい音がするでしょう?
保存方法ですが、毎日ハードケースから出すんであればあまり問題ないとは思いますよ。ただ、長期で入れておくときには乾燥剤を入れる場所が問題で、ボディーに触れないようにしておくのがいいと思います。その部分が異常乾燥しちゃって、特にネックに触れたままいると反ってしまう可能性があります。
それと、乾燥剤って言うよりも調湿剤のほうがいいかも。
湿気は良くないけど、乾燥しすぎるのも良くないんです。
程よい湿度を保つ為、調湿剤をお勧めしますよ。
置く場所は弦の上に乗せる感じがいいかも。
調湿剤の有効期限も数ヶ月と思いますので、時々交換要ですよ^^
それと急激な湿度の差は大敵。悪いクラックが出来る可能性もあるし音質にも影響出てくると思います。
それと、書き忘れてましたがクラックにも良いクラックと悪いクラックがあります。それは、また次の機会に書きます。

投稿: @アンジェラ | 2006.03.28 19:56

>Alexi さん
勉強になるって言われると光栄です^^
お名前から判断するとギター弾くきっかけは、やっぱりチルドレン・オブ・ボドムのアレキシ・ライホの影響ですか?

投稿: @アンジェラ | 2006.03.28 19:37

そうですよね、ギター大好きな者としては愛器をベスト・コンディションに保ってあげたいですよね!
僕は57年のUSAを昨年11月に買ったんですけど、塗装がシン・ラッカーですごく薄いので、すぐ垢がついたりちょっとのことでも傷がつきやすいので大変です…だってストラップをつけただけでもボディと擦れるとこにちょっと跡が残っちゃうんですもん…。。。アンジェラさんがスタンドごとギターを倒してしまって写真のような傷ができてしまったときのショックは分かる気がします…。

僕は弾かないときはずっとハードケースに入れてて、乾燥剤も入れてる(最初から入ってたやつ)んですが、ギターにとってはこれでいいんですかね?一応ほぼ毎日弾いてるので入れっ放しじゃないです。

投稿: こうちゃん | 2006.03.28 00:33

一応少しギターやってるので勉強になりましたー(・_・D フムフム

投稿: Alexi | 2006.03.27 16:52

この記事へのコメントは終了しました。

« 超高性能ギターか!? | トップページ | ポッドキャスティング、いってみよう! »