« ジュビロ磐田 VS FC東京 (ナビスコカップ) | トップページ | MESA/BOOGIE MKⅢ(バケモノみたいなアンプ) »

2007.03.25

Marshall 1959の真空管を交換

先週、オレのMarshall 1959の真空管(5881)を交換しました~。Dsc04577_1

Marshall 1959といえば、パワー管は EL34 が定番?

しかしオレが買った時代の1959のリイシューの1990年代初期のやつは真空管が5881(6L6)なんです。

EL34の真空管が当時入手困難な状況らしく、5881(6L6)使用の回路のモノを出したらしい。この仕様のモノをEL34の仕様に回路を改造する人もいるようだが、5881という管のMarshall1959も一つの音のキャラクターとしては有りかなって思うので、これはこれで良しとしよう。

今回は、プリ管3本、パワー管4本を全て交換し、バイアス調整、回路内のコンデンサなどの部品交換、接点クリーニングなど、気になる部品を交換してもらいました。

このアンプの仕様が電源115~120Vで使う事を前提にした仕様なので、家庭用100Vの電源電圧を110~120Vに変換するトランスも使う事にした。Dsc04567_1

 

 

 

 

 

 

■■■久々に音源アップ!■■■

交換前 guitarsolo0003.mpg (16.9MB)

交換後 guitarsolo0004.mpg (6.1MB)

やっぱり、真空管交換後は全然音が違う

音圧がすごく変わったかも!?

あと、1979年製の 「Marshall JMP 2203」 (一番上)というのやつがあるんです

Dsc04564_1 

これも今度何とかしたいのですが、費用的になかなか一度にはできません。

少し紹介すると、なななんと!当時にマスターボリュームがあるタイプで、2インプットでパワー管にEL34が4本使用の100ワット。((´艸`o))Dsc04570_3

Dsc04584_1  

 

 

 

 

 

ついでにスピーカーキャビネットも空けてみた。Dsc04574_1
これは1960Aというキャビネットで、スピーカーはセレッションG12-65。Dsc04575_1

 

 

 

 

 

 

 

 

後、近い将来欲しいアンプはもう

コレしかない!!!

 

Marshall1959HWです。

もう、コレが夢にまで出てくるんです。。。

「プレキシ」と呼ばれてるマーシャルアンプの復刻版。

使用部品、製造法の細部まで可能な限り再現してるらしい。

( ̄へ ̄|||) ウーム いいねえ。。。

買えるのは、当分先だな・・・

ランキングが・・・_| ̄|○ Orz

|

« ジュビロ磐田 VS FC東京 (ナビスコカップ) | トップページ | MESA/BOOGIE MKⅢ(バケモノみたいなアンプ) »

「楽器」カテゴリの記事

コメント

>Yng-bonさん
ヽ(^Д^*)/おひさ~♪
毎日弾いてると、真空管のヘタリは気がつきませんね。換えて初めて真空管がヘタってたのに気がつくよね♪

>まりりんさん
オヒサシブリッコ♪(・x・)从(・x・)♪
久々にカメラ向けるとちょっと緊張しました~(*≧m≦*)ププッ
また今日も別件で音源アップしてますよ~♪

投稿: @アンジェラ | 2007.03.28 01:46

透明感というか、音の響きがでましたね。
久々に、聴けてハッピ~です。
ありがとう。

投稿: まりりん | 2007.03.26 10:33

どもぉ~
非常におひさでしたw

真空管の威力は絶大ですねぇ~!

真似しちゃおうかなぁ~~~~w

ではまた!

投稿: Yng-bon | 2007.03.26 01:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ジュビロ磐田 VS FC東京 (ナビスコカップ) | トップページ | MESA/BOOGIE MKⅢ(バケモノみたいなアンプ) »