« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008.09.16

バンド結成!

とりあえず、バンドを結成したんです。

ツーバス叩けるドラムと、ハイトーンが出る声のボーカルとオイラ。

後はベースが見つかるとHM/HRバンドの出来上がり~♪

っなわけで、今日はベース不在の3人で初の音出しでした。

久々のスタジオでの大音量は気持ちいい!

今日、とりあえずの音あわせは以下の曲をやった。

TOOTH AND NAIL / DOKKEN
ROUND AND ROUND / RATT
BACK FOR MORE / RATT
HOME SWEET HOME / MOTLEY CRUE
DR.FEELGOOD / MOTLEY CRUE
HIROSHIMA MON AMOUR / ALCATRAZZ
RISING FORCE / YNGWIE MALMSTEEN
LOUDNESS / LOUDNESS
CRAZY NIGHT / LOUDNESS
CRAZY DOCTOR / LOUDNESS
MORE / EARTHSHAKER
CRAZY TRAIN / OZZY OSBOUNE
PARANOID / OZZY OSBOUNE

こんな感じ。
年代がバレバレ~。

あと、ベースが見つかったら方向性を決める予定です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.09.07

ライオンの赤ちゃんを抱っこした

昨日は昼前に起きて、『今日はどこか行くけ~?』と

長島スパーランドか名古屋港水族館か富士急ハイランドか富士サファリパークが候補

結局、富士サファリパークで『ナイトサファリ』に決定。

すぐ準備をし、出発!

ナイトサファリにしては早く着きそうだったので、

途中の焼津インター降りて『焼津魚センター』に寄った。

ここに来たら必ずタラバガニの炙りdelicious

お腹も落着いた所で再びサファリパークに向かった。

2時間ほど現地に早く着き過ぎたので、Uターンして近くの牧場で時間潰ししてた。

その牧場は、大きな牛が2頭いて、両方とも向こうを向いてた。

この牛、600kgあるんだってCow

 

 

 

 

 

おじさんがエサの合図のバケツの音をカンカンカンと鳴らすと、どこからともなく遠くから牛や羊が、小走りで帰ってきて、かわいかったよ。

そろそろ時間が近づいたので、再度サファリパークに向かった。

入場して、チケット買った。

Img_5148_s

 

 

 

 

 

 

 

自分の車で走るやつまでは少し時間があったので、場内をいろいろ見ていると、なんとライオンの赤ちゃんを抱っこできるイベントがあるらしく、ちょっと行ってみた。

メッチャ可愛い♪

肉球もポニョポニョしてる。

Lion1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはいい記念になった~♪

 

駐車場に向かう途中、お約束のもの発見。

これがあると思わずやってしまうよね(笑)

Kangaroo1 Kangaroo2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ自分の車で走るやつでサファリ内の順路をゆっくり巡回。

熊ゾーン、ライオンゾーン、トラゾーン、チーターゾーン、

一般草食ゾーン、山岳草食ゾーンがあって、

ライオンゾーンとトラゾーンが結構恐い。

窓は絶対開けたらいけないし、夜なのでガラスに写るものにピントが合ってしまって写真がうまく撮れない。

唯一撮れた写真がこれ。

Dsc02961_sDsc02965_s  

 

 

 

 

 

途中、キリンが歩いて来たので、車止めたら、2列で止まっていた隣の車とオレの車の間をキリンがゆっくり通過した。

1周したので駐車場へ車を置いて、いよいよ次は真っ暗な中のナイトサファリだが、あと小1時間あったので夕飯を食べて準備万端にしておいた。

定刻が来て、いよいよバスに乗車。

Img_5154_s

 

 

 

 

 

 

 

これはナイトスコープを1人ずつ貸してもらって、照明が消され真っ暗になった場内をバスで1時間ぐらいかけて巡回するらしい。

バス自体も無灯火で車内も真っ暗になるので、隣の人の顔も何も見えなくなる。

無灯火で走ってるけど、運転手さん大丈夫なのかな?

時々道の真ん中で横になっている動物もいたりしたが、運転手さんは見えてるようだ。

真っ暗の中での夜行性の動物の行動は面白い!

以前にサファリパークは昼は何度か来たけど、夜もすごく面白いと思った。

添乗員さんの説明も面白いし、ナイトサファリはオススメです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »