« キモ携帯バンザイ♪ | トップページ | 携帯電話 »

2009.09.20

ARC FORTUNE(悪4)初ライブまで1ヶ月

今日の日記は真面目な感じ(フィギュアは出てきませんw)
書くことによって自分を締めるか~♪


10月17日の岐阜県郡上八万での初ライブでのまでとうとう1ヶ月を切った。
なんと、初ライブが地元ではなく超アウェイw


少し前からライブが近づいて尻に火がついたように厳しくなってる自分に気づいた。
これは良い方向だと確信している。

先日、今更ながら曲やバンド演奏の仕上がり具合を客観的に聴こう思い、ムービーで音源を録ってみた。

今までもやってたことなのだが、録音機器の不具合などで聴くことが出来なかったので
今回きちんと録れてよかったw

改めて、録音して聴きなおすことの重要性がわかった。

するといろいろと問題点が浮上して見えてきたので改善箇所がわかった。


オイラの考え方


バンドは水モノで、お客さんあってなんぼのモノ。
たとえアマチュアのバンドでも多少なりともチケット代払って見に来ていると思うと
プロ意識を持たないといけないというのは当然のこと。
バンドのレベルをどこまで上げるかは自分たちの気持ち次第。
その結果、良いバンドかどうかの判定はお客様が決める。


オリジナル曲は間違いとか正解とかはなく、正解は自分たちで決めること。
曲に対して、それ以上のものは現時点で自分たちでは作れないというぐらいまで煮詰める。
そこで、自分の上限のレンジ広げることにより、引き出しが増えてやれる事が増える。
レパートリーが増えるので、そしてまたそれを曲に投入して徐々に良くなっていく。
それが曲作りの醍醐味であり、レンジを広げる日々の地道な練習や努力が苦と思わない理由なのかもしれない。


バンドに対して自分の存在の付加価値を上げる事を常に考えている。
それは自分に対して厳しくすることだが、それがまた楽しい。
決してMっ気があるわけではない。いや、あるかもしれないw
根っから自分はバンドマンだなと実感する
ガッカリされるような悔しい思いはしたくないからね。


バンドは一人では出来ないものであり、メンバーとの協調も大切。
仮に「プロ志向バンド」に対しての反意語は「仲良し重視のバンド」と定義すると、、、
もちろん両方を持ち合わせているバンドもあることは間違いないが
大切なのは何処を目指すのかという事を各自メンバーが認識することが大切。
このことはバンド内で練習外で話し合う機会を作ろうと思う。


自分の意識レベル
バンド暦が23年も超えてくると、いろんな美味しい思い、悔しい思いをしてきたし
ほかのバンドのいろんな事例も見て来た。

今回、「音楽の街浜松」からやってくるいう看板を背負ってると言う気持ちで進出する。
初ライブと言う甘えと、演奏に妥協はしたくない。


1ヶ月でどこまで改善できるか、それが自分との勝負かと思う。

書くことによって自分で後戻りできないようにした。

|

« キモ携帯バンザイ♪ | トップページ | 携帯電話 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141606/46860042

この記事へのトラックバック一覧です: ARC FORTUNE(悪4)初ライブまで1ヶ月:

« キモ携帯バンザイ♪ | トップページ | 携帯電話 »